執筆・翻訳 Aggrieved Duckling

まえばしCITYエフエム(84.5MHz)の人気情報番組 Maebashi Evening Express(MEE)の中で、毎週月曜日18:00からお送りしている「ジョージ船瀬の”どゆ意味このSong?”」のコーナーのアーカイブです。

記事

じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Kiss 2023/02/06 #105 23-05

今週はパティ・オースティンのキスをお届けします。 ニューヨーク市マンハッタンの北の地区、ハーレム出身のR&B、ジャズ歌手パティ・オースティンは和田アキ子がデビュー40周年記念に東洋人として初の単独ライブを行った憧 […]

コメントなし

じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Twist and Shout 2023/01/30 #104 23-04

今週はビートルズのツイスト・アンド・シャウトをお送りします。内田裕也のシェケナベイベーの元ネタですね。シェケナベイベーってリクエストされましたwが、曲名はツイスト・アンド・シャウトです。1963年の1stアルバム「Ple […]

コメントなし

じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Miss Sun 2023/01/23 #103 23-03

今週、80年代のAORの世界をご紹介します。 AOR界の高田純次、ボズ・スキャッグスのミス・サンをお届けします。AOR、アダルト・オリエント・ロックというと「おしゃれ、都会的、ロマンチック、肩パッド、羽の扇子、ボディコン […]

コメントなし

じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Virtual insanity 2023/01/16 #102 23-02

今週はジャミーロクワイのバーチャル・インサニティをお届けします。 ジャミーロクワイはロンドン郊外のイーリング出身のアーティストで、ボーカルのジェイ・ケイによる一人バンドです。ジャミーロクワイは同時に彼のステージネームでも […]

コメントなし

じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Happy New Year 2023/01/09 #101 23-01

みなさん、新年あけましておめでとうございます。 という挨拶が堂々と使えるのは3日までな気がしてます。その後は、いつまでおめでとうで行けるんだろうっておっかなびっくりになりはじめて…. まぁ松の内まではいっか….と言っても […]

コメントなし

2022/12/26 ♯100 2022-51  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング San Francisco (Be sure to wear flowers in your hair)

みなさん、クリスマスはどうお過ごしでしたか?2022年最後のどゆソンは、スコット・マッケンジーの「花のサンフランシスコ」をお届けします。原題は、「サンフランシスコ(髪に花を飾るのを忘れないで)」です。先週のビリージョエル […]

コメントなし

2022/12/19 ♯99 2022-50  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Zanzibar

今週はビリージョエルのザンジバルをお届けします。英語ではザンジバーと発音して、このバーが飲み屋のバーとかかってるんですね。 ビリーの曲が一番ニューヨークっぽかった時代、1978年にリリースされた6枚目のアルバム「ニューヨ […]

コメントなし

2022/12/12 ♯98 2022-49  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング American Pie

今週はドン・マクリーンのアメリカン・パイをお送りします。 ドン・マクリーンはニューヨーク・シティにほど近いウエスト・チェスター郡ニュー・ローシェル出身の1970年代のシンガーソングライターです。今日の曲はすっごく長いので […]

コメントなし

2022/12/05 ♯97 2022-48  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Put your records on

今週は、コリーヌ・ベイリー・レイのプット・ユア・レコーズ・オンをお届けします。 コリーヌは、カリブ海に浮かぶ小さな国、セントクリストファー・ネビス出身のお父さんとイギリス人のお母さんのもと、イギリス北部の羊毛工業の中心、 […]

コメントなし

2022/11/28 ♯96 2022-47  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Livin’ la vida loca

今週は、リッキー・マーチンのリビング・ラ・ビダ・ロカをお届けします。郷ひろみの♪アーチーチーアーチーの原曲です。 リッキー・マーチンはプエルト・リコ出身の陽気なラテンシンガーです。代表作はこの曲と、 先週からサッカーのワ […]

コメントなし

2022/11/21 ♯95 2022-46  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング It never rains in Southern California

今週は、カリフォルニアの青い空、It never rains in Southern Californiaをお届けします。歌うのはアルバート・ハモンド。イギリスの海外領土であるジブラルタル出身のシンガーソングライターです […]

コメントなし

2022/11/14 ♯94 2022-45  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Bad day

今週は、水曜日の「小説でこの街を元気にしよう!」のコーナーでおなじみの神宮みかん先生からのリクエストで、ダニエル・パウターの「バッド・デイ〜ついてない日の応援歌」をお送りします。 歌うのは21世紀きっての一発屋、ダニエル […]

コメントなし

2022/11/07 ♯93 2022-44  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Human nature

今週はマイケル・ジャクソンのヒューマン・ネイチャーをお届けします。この曲は1982年12月にリリースされたマイケル・ジャクソン6枚目のスタジオアルバムである「スリラー」に収録されている曲です。スリラーといえば言わずと知れ […]

コメントなし

2022/10/31 ♯92 2022-43  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング Time warp

昨年はスリラーを紹介したんですけど、今年はエルバイラにしようか、ゴーストバスターズにしようかなどと悩みました。そして結局、ロッキーホラーピクチャーショー(RHPS) のタイムワープを選びました。 大騒ぎできる『ロッキー・ […]

コメントなし

2022/10/24 ♯91 2022-42  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング   Love of my life

今週は、QueenのLove of my lifeをお届けします。 都合により2バージョン書きました。 バージョン1 デビュー当初は派手なファッションを身に付け、化粧まですることのあったグラム・ロックに属しながらゴリンゴ […]

コメントなし

2022/10/17 ♯90 2022-41  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング   Isn’t she lovely

今週は、スティービー・ワンダーのIsn’t she lovelyをお届けします。今回は親子の愛の歌なので肩に力を入れずにできます。むーちゃん、よかったね。 スティービー・ワンダーはミシガン州出身の盲目のシンガー・ソングラ […]

コメントなし

2022/10/10 ♯89 2022-40  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング   Poetry Man

今日は、フィービー・スノウのポエトリー・マン、「詩人」という曲をお届けします。酒太郎さん曰く、ボクが言ったんじゃないですからね!酒太郎さんからはちびまる子ちゃんの「冬田さん」似だとの意見が寄せられました。ボクは「みぎわさ […]

コメントなし

2022/10/03 ♯88 2022-39  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング   Rolling in the deep

今週はAdeleのRolling in the deepをお届けします。 怖い曲を選んできましたねぇ…. アデルはロンドンの中でもちょっと(というか一番)危ない地区、トッテナムの出身です。母親は10代でアデルを出産、その […]

コメントなし

2022/09/26 ♯87 2022-38  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング   God save the Queen

今日は英国国歌「神よ女王陛下を護りたまえ」をお届けします。今日はまず曲を聞いてください。本当は5番まであるんですが、今日は3番までです。 ~~~~~~ 神よ、我らが慈悲深き女王陛下を守りたまえ 我らが高貴な女王陛下の世が […]

コメントなし

2022/09/19 ♯86 2022-37  じょーじ船瀬のどゆ意味このソング   This business of love

今日はドミノのThis business of loveをお送りします。 先週の金曜ロードショーでやってましたね。マスク。あの口を開けて大きく笑うところ、とても印象に残りますね。 歌うのはDomino。アメリカのど真ん中 […]

コメントなし